法人情報

法人名
社会福祉法人むそう
本部所在地
〒475-0859
愛知県半田市天王町1丁目40-5
設立
  • 1999年 活動開始
  • 2000年 NPO法人設立(特定非営利活動法人ふわり)
  • 2003年 社会福祉法人 認可・設立
職員数
68名
事業所
  • 愛知県(知多地域、長久手市、名古屋市)
  • 東京都(墨田区、世田谷区、品川区、文京区)
  • 宮城県(名取市)
[障害者支援施設]
喫茶なちゅ板山店・中華茶房うんぷう・アート雑貨・アトリエぐらふぃてぃ・出張屋台・たまごハウスぴよぴよ・きのこハウスにょきにょき・喫茶なちゅ有脇店
[生活支援施設]
生活支援センターあっと(ホームヘルプ・ショートステイ・放課後等デイサービスぴゅん・移動支援・レスパイト)、ケアホーム hanabitaikai・なかよし・セブンハウス、ローズベイヒルズ、チャイルドデイケアほわわ(墨田・世田谷・品川・名古屋星ヶ丘)、まるっとますだ、こみゅ動坂

代表について

representative

戸枝 陽基(とえだ ひろもと)

生年月日
1968.10.15
出身地
群馬県太田市
血液型
B型

座右の銘

  • 人の世は我に何とも言わば言え、我が成す事は我のみぞ知る
  • おもしろきこともなき世をおもしろく

日本福祉大学卒業。卒業後、障害者施設で7年間勤務。重症心身障害や自閉症、精神障害の方などと関わる。退職後1年間の準備期間を経て、1999年「生活支援サービスふわり」運営開始。翌年法人化し「NPO法人ふわり」とする。2003年社会福祉法人むそう認可・設立。現在は、NPO法人ふわり並びに社会福祉法人むそう理事長を務める。福祉業界を地域ビジネスと捉えた戸枝の福祉変革は、愛知に始まり現在は東京・宮城とその展開を拡げている。

沿革

history
1991年
現代表の戸枝が、半田市の施設に採用され勤務を始める。
1993年
作業所から卒業し、就労する人が社会的に孤立しないように、土日の社会参加活動の場を作る。のち、「生活支援サービスふわり」の母体となる。
1997年
「青年学級」の保護者、半田市にグループホーム設置の陳情を繰り返し、市内に第1号ホームができる。
1998年
「出会った障害のある人達が入所施設などに行くことのない共生の街に知多をする!」と宣言。
1999年
任意団体「障害のある方とご家族のための生活支援サービスふわり(代表はむそう同様に戸枝)」開始。どんなに障害が重くても生まれ育った地域で生活し続けることを願う5組の障害のある方の家族と3名のスタッフで借家からスタート。
2000年
任意団体からNPO法人へ(認証取得)NPO法人ふわり誕生。ふわりの活動が広く認知される。半田市の議員などが、ふわり助成に向けてヒアリングなどに訪れるようになる。
2001年
私的契約のレスパイト事業利用が順調に伸び、年間1万時間を越える。
2002年
グループホームhanabitaikai開所。
2003年
「障害のある方の一生涯を支える法人になるために」よりよい選択であろうということで、社会福祉法人認可を目指す。
2004年
社会福祉法人むそう:知的障害者通所授産施設アートスクウェア開所。盛大な開所式を行う。ケアホームなかよしホーム開所。
2006年
障害者自立支援法の施行により、全事業自立支援法新体系に移行する。
2007年
喫茶なちゅ有脇店オープン。きのこハウスにょきにょき(椎茸栽培)開始。ケアホームセブンハウス開所。
2008年
JR半田駅前商店街にて狐坊庵(そばと大判焼きのお店)をオープン。
2009年
ラーメン(うんぷう)移動販売車整備。全国各地で実演販売をし、移動販売車(出張屋台)という障害者の新しい働き方をアピールする。
2010年
生活支援センターあっとを、駅前の本部1階に引っ越し。
2012年
相談支援センターぴっと開始。東京での事業を開始。
2013年
チャイルドデイケアほわわ吾妻橋、ほわわ瀬田を開設。愛知県知多市にケアホームローズベイヒルズ開所。
2014年
名古屋・長久手、宮城エリア開始。

個性と工夫が詰まった
拠点を紹介します

拠点情報を見る

むそうでは一緒に働く
仲間を募集しています

採用情報を見る