住む

  • グループホーム/一人暮らし支援
#{currentTitle}

障害があっても、生まれ育った地域で
自分らしく自立した生活を送るために

グループホームは障害のある方が共同で生活をする場所です。
障害があっても住みたい場所で自立した暮らしを送るために、
世話人(家事援助、金銭管理、相談援助など)やヘルパー
(食事、入浴、排泄などの身体介護)が生活に必要な支援をしています。
入居者の方のペースを大切にし、楽しく、自分が思い描く生活を
満喫できるよう支援を工夫しています。
暮らしの場であると同時に、
自立に向けた体験の場としても機能しています。

ソフトだけでなくハード(建物)の面からも
心地よく過ごせる住環境づくりをめざしています

たとえば聴覚が敏感な方への配慮として壁、窓、床に遮音整備をおこなったり、視覚刺激を感じやすい方の部屋にはパーティションを設置したり、身体障害の方への配慮として天井昇降リフトを付けベッドからトイレ、お風呂とつながるようにしたり、と、できる限り居住される方に合ったオーダーメイドの部屋を整えています。一人ひとりの利用者の方へのアセスメントに基づき、ソフト・ハードの両面からその方に合った支援をおこなっています。

ソフトだけでなくハード(建物)の面からも

アセスメントからのケアプランと
グループホームづくりを大事にしています

共同生活において、過反応・誤反応を起こしてストレスを感じたり、成人期の二次障害を起こすケースも少なくなく、どんなによいケアハウスでも支援がうまくいかなければストレスいっぱいの場になってしまいます。そこでむそうは国土交通省の助成を受けて「行動援護対象者向けグループホーム等のバリアフリー改修事業」を進めてきました。支援対象者となる方の障害の正しい理解をするためのアセスメントと、そのアセスメントに基づく支援計画、それに合わせた住環境の改修、さらにこの事業の要である支援者の育成に力を注いでいます。どんなふうに暮らしたいか、生きたいか。想いを実現できる場を地域につくり続けていきます。

アセスメントからのケアプランとグループホームづくりを大事にしています

利用者さんのご家族の声

voice

むそうを選んだ理由を教えてください。

  • 養護学校高等部の頃、親子で町内外のいろんな施設を見学したり、イベントに参加したりしました。喫茶なちゅへ行った時、本人が「ここがいい」と指さしや手振りで訴えたので、お願いすることにしました。

むそうを利用して、良かったと思うことは何ですか?

  • 本人に合ったサービスを考えて、実行してくださることです。息子が接客の仕事を選び、いろんな人との関わりの中で皆さんに声をかけてもらうことで、笑顔になれる時間が増えたりしています。忙しい時は大変だ、ということや働くことにより、仕事をしてお給料がもらえる喜びもわかってきました。休日には、ヘルパーさんたちに助けていただきながら自分の好きなこと(買い物、食事など)ができ、人生を楽しく過ごせていることに、感謝しています。

「住む」に関する拠点一覧

place list

むそうについて
詳しくご紹介します

法人情報を見る

むそうでは一緒に働く
仲間を募集しています

採用情報を見る